サイト管理者

子宮内フローラ

慢性子宮内膜炎の診断基準<CD138検査>【着床】

慢性子宮内膜炎の検査の種類 慢性子宮内膜炎の検査は、 CD138検査、 EMMA・ALICE検査が主流となっています。 今回の論文報告では、 CD138検査での診断基準を示したものとなります。 ...
流産

ダクチル・ダクチラン、いつ使うべき?【流産の兆候】【胚移植】

ダクチル、ダクチランとは?効果は? ダクチル、ダクチランは、 流産や早産(切迫流産・切迫早産)に対する治療として使われます。 ダクチルとダクチランは、同じ薬です。 胎児を子宮内に留める働きになります。 いつ使...
流産

「なんとなくアスピリン」と不育症検査【流産】【不育症】

なんとなくアスピリンとは? 不育症検査を行った事がない、 もしくは、 不育症検査に引っかかっていない場合に、 低用量アスピリン(バファリン)、バイアスピリンを使う事です。 不育症検査を行わず、 ...
着床不全

子宮内膜のコンパクションとは?【子宮内膜】【妊娠率】

子宮内膜のコンパクションとは? 体外受精で胚移植(子宮に受精卵を戻すこと)をする際に、 黄体ホルモンの薬の使用前と使用後で、 子宮内膜の厚さ(㎜数)が減少することを言います。 “子宮内膜のコンパクション“は...
着床

最も妊娠率の高い、黄体ホルモンの膣坐薬の使い方【ホルモン補充周期】【胚移植】

黄体ホルモンの役割 黄体ホルモンは、 着床を促し・妊娠を維持・流産の予防をします。 黄体ホルモンの薬の種類 黄体ホルモンは、 主に、膣坐薬・飲み薬・注射となっています。 主な膣坐薬には、 ...
着床不全

慢性子宮内膜炎とは?検査・診断・治療法

慢性子宮内膜炎とは 慢性子宮内膜炎とは、 子宮内膜に炎症が認められる病態であり、 慢性子宮内膜炎によって、 着床が阻害されているのではないか、 という考えも出ています。 しかし、慢性子宮内膜炎に...
黄体ホルモン(P4)

黄体機能不全の検査と診断、治療【プロゲステロン】【P4】

黄体機能とは 黄体機能とは、 排卵後に黄体を形成し、 黄体から黄体ホルモン(プロゲステロン、P4)が分泌され、 子宮内膜が黄体ホルモンを受容して(キャッチして)、 子宮内膜が厚くなったり、 受精卵を受け...
着床不全

子宮内フローラとは?【子宮内環境】【着床】

子宮内フローラとは? 子宮内フローラとは、 腸内フローラ(腸内環境)のような形で、 子宮内にも、 いわゆる、善玉菌となるビフィズス菌や乳酸菌などの良い菌と、 悪玉菌(細菌など悪い菌)、 どちらにも属さな...
PIEZO ICSI

PIEZO ICSI(ピエゾ イクシー)【顕微授精】

PIEZO ICSIとは? PIEZO ICSIとは、 顕微授精(ICSI)で、 卵子に精子を注入して受精をする際に、 卵子に刺す針に非常に微細な振動を与え、 卵子へのダメージを最小限に留めるという方法・技術...
男性不妊

精子調整とは?【人工授精】【体外受精】【顕微授精】

精子調整とは? 精子調整とは、 精液の中にある、 ゴミや不純物、細菌、死んだ精子などを取り除き、 生きた元気の良い精子をより分ける作業のことです。 精子調整は、不妊治療でいつ必要? 精子調整(せ...
タイトルとURLをコピーしました