着床不全

自然周期の胚移植

<最新論文>慢性子宮内膜炎の治療【妊娠率・出産率の改善】

慢性子宮内膜炎と妊娠率・出産率についての新しい論文が出ています。 当院で検査ご希望の方は、診察時にお申し付け下さい。 検査のタイミング・流れ 検査のタイミングは、生理が終わった直後の、 目安として、生理7日目〜9日...
着床不全

慢性子宮内膜炎の診断基準<CD138検査>【着床】

慢性子宮内膜炎の検査の種類 慢性子宮内膜炎の検査は、 CD138検査、 EMMA・ALICE検査が主流となっています。 今回の論文報告では、 CD138検査での診断基準を示したものとなります。 ...
黄体機能不全

子宮内膜のコンパクションとは?【子宮内膜】【妊娠率】

子宮内膜のコンパクションとは? 体外受精で胚移植(子宮に受精卵を戻すこと)をする際に、 黄体ホルモンの薬の使用前と使用後で、 子宮内膜の厚さ(㎜数)が減少することを言います。 “子宮内膜のコンパクション“は...
流産

最も妊娠率の高い、黄体ホルモンの膣坐薬の使い方【ホルモン補充周期】【胚移植】

黄体ホルモンの役割 黄体ホルモンは、 着床を促し・妊娠を維持・流産の予防をします。 黄体ホルモンの薬の種類 黄体ホルモンは、 主に、膣坐薬・飲み薬・注射となっています。 主な膣坐薬には、 ...
着床不全

慢性子宮内膜炎とは?検査・診断・治療法

慢性子宮内膜炎とは 慢性子宮内膜炎とは、 子宮内膜に炎症が認められる病態であり、 慢性子宮内膜炎によって、 着床が阻害されているのではないか、 という考えも出ています。 しかし、慢性子宮内膜炎に...
黄体機能不全

黄体機能不全の検査と診断、治療【プロゲステロン】【P4】

黄体機能とは 黄体機能とは、 排卵後に黄体を形成し、 黄体から黄体ホルモン(プロゲステロン、P4)が分泌され、 子宮内膜が黄体ホルモンを受容して(キャッチして)、 子宮内膜が厚くなったり、 受精卵を受け...
子宮内フローラ

子宮内フローラとは?【子宮内環境】【着床】

子宮内フローラとは? 子宮内フローラとは、 腸内フローラ(腸内環境)のような形で、 子宮内にも、 いわゆる、善玉菌となるビフィズス菌や乳酸菌などの良い菌と、 悪玉菌(細菌など悪い菌)、 どちらにも属さな...
タイトルとURLをコピーしました