<最新論文>慢性子宮内膜炎の治療【妊娠率・出産率の改善】

慢性子宮内膜炎と妊娠率・出産率についての新しい論文が出ています。

当院で検査ご希望の方は、診察時にお申し付け下さい。

検査のタイミング・流れ

検査のタイミングは、生理が終わった直後の、

目安として、生理7日目〜9日目(子宮内膜の増殖期)です。

2022年2月現在では、

保険適用の検査にはなっておらず、自費となっています。

子宮内膜の細胞を採取して、CD138陽性細胞を調べます。

陽性の数や、状況に応じて、

慢性子宮内膜炎の治療を検討します。

ご参考までに、

下記に慢性子宮内膜炎の最新の報告を掲載致します。

慢性子宮内膜炎に抗生剤を使った後の妊娠率・出産率

CD138と抗生剤の使用について

《Fertil Steril 2021年8月》

まず、顕微鏡を400倍で強拡大した、

1視野あたりにつき、

CD138陽性細胞 0個

CD138陽性細胞 1〜4個

CD138陽性細胞 5個以上

の3つのグループに分けます。

(単位は、"  /HPF  "です。)

0個のグループは抗生剤を使いません。

1〜4個のグループは、

更に、抗生剤を使ったグループと

抗生剤を使わない2つのグループに分けました。

この3グループは、

妊娠率・生児出産率には、

有意差はなかったとの事です。

次に、

1〜4個のグループと、

5個以上のグループを比べます。

☆まず、5個以上のグループで抗生剤を使い、

1回、もしくは、2回の抗生剤の使用で、

89%の人が4個以下となりました。

この元々5個以上のCD138陽性細胞があったけれど

4個以下になったグループは、

元々1〜4個のグループと、

妊娠率・出産率には、

有意差はなかったとの事です。

2回の抗生剤の使用でも、

CD138陽性細胞が4個以下にならなかった状態を、

「持続性慢性子宮内膜炎」としました。

※CD138陽性細胞が5個以上での変動、

例えば、抗生剤を2回使って、

20個から10個になったとしても、持続性慢性子宮内膜炎とします。

この持続性慢性子宮内膜炎のグループは、

妊娠率・出産率は、

有意差を持って低くなったとの事です。

慢性子宮内膜炎の治療<まとめ>


4個以下/HPFならば、まず胚移植を優先する。

慢性子宮内膜炎には、抗生剤が有用であった。

論文の日本語訳

引用元:国際医療技術研究所 IMT College
※掲載許可を頂いております。

Impact of oral antibiotic treatment for chronic endometritis on pregnancy outcomes in the following frozen-thawed embryo transfer cycles of infertile women: a cohort study of 640 embryo transfer cycles
Yujing Xiong, Qi Chen, Chunxiao Chen, Jinfeng Tan, Zengyan Wang, Fang Gu, Yanwen Xu
Fertil Steril. 2021 Aug;116(2):413-421

コメント

タイトルとURLをコピーしました